鬼女まとめ伝説|生活2chまとめブログ

若い女性に大ヒット中!生活系2ちゃんねる(5ちゃんねる)まとめブログです。 暇つぶしにドウゾ。

businesswoman1_smile

189 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 21:55:20.10 0
結婚10年。ついに良い嫁キャンペーンを終了しました。
ウトメより、夫が一番慌てています。私が心から義両親の接待を喜んでやってると
信じていたんでしょうね~。



190 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2011/05/17(火) 22:15:33.65 0
>189
具体的な行動を、kwsk
【結婚10年。ついに良い嫁キャンペーンを終了しました。】の続きを読む

nomikai_salaryman

378: 名無しさん@HOME 02/09/17 14:29
非常に酒癖の悪い職場の先輩。酒が入るとドサクサに紛れてセクハラの嵐。 
お尻を撫で回されたり抱きついてきたり。そんなのは毎回。「遅いから送ってやるよ」と勝手 
についてきて部屋に上がり込もうとしたこともあったっけ。 
【非常に酒癖の悪い職場の先輩。酒が入るとドサクサに紛れてセクハラの嵐。余りにも腹が立ったのでさりげなく「両刀使い」という噂を流した。その結果…】の続きを読む

wedding_couple

452:1/2:2008/10/02(木) 02:04:57 ID:0
保守代わりに、プチ話を。(って長文スマヌだが) 

20代後半に付き合ってた元カノは、
前に付き合ってた彼氏にフラレてそいつと友人だった俺が、
面倒見るカタチでズルズルいつの間にか。 
まぁ、友人の彼女だった頃は、
おしとやかで、気も効いてと思ってたのだが。 
付き合ってから見えてくる実態。おしとやかに見えるのは、
気分がノっている時、(あるいはそうしたい時)だけ。
【元カノから『結婚披露宴の招待状』が届いた。何考えてるんだか…】の続きを読む

phone_woman4_laugh

690:名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 18:50:06
昔、付き合っていた男(A)から、電話がきた 

何年も音信不通だったのに、
何だろう?と思ったら、突然嫁にかわり、嫁に罵倒された 
何でも、Aが浮気をしていたらしく、今までの悪事を全て打ち明けろと言われたらしい 
嫁はバツイチ子持ちでAは結婚を躊躇していて、結婚前たまに電話で相談にのっていた 
しかし、嫁には他の男との接触を一切禁止していたらしく、
隠れて私と連絡していた事をカミングアウト 
嫁は、何故か私に敵対心を持ったらしく、電話しろと迫った様子 
【【ざまぁw】昔付き合っていた男から電話がきたwwwww】の続きを読む

building_apart2

240: 名無しさん@HOME 02/09/12 23:33
向かいのアパートに住むDQN一家に悩まされてきた。 
ハタチになるかならないかくらいの金髪夫婦で、 
生後半年くらいのアカンボがいる。 
エアコンをつけていないので、この夏、ずっと窓全開。 
【向かいのアパートに住むDQN一家に悩まされてきた。ある日、窓を開けっ放しで出かけていたので窓から部屋にナンプラーをぶちまけてきた!】の続きを読む

car_parking

345: 名無しさん@HOME 02/09/14 12:50
うちのマンションの駐車場通路に車停めたバカがいて、通れないので外出できない。 
クラクション鳴らしても出てくる気配もない。外出はあきらめて、部屋に戻って 
駐車禁止の張り紙でもしてやるかと、紙に書き殴って再度駐車場へ。 

迷惑な車はまだ停まってたが…ドアがぼっこしへこんでた。 
良く見ると10円パンチも。私がやったと思われるのもイヤなので 
張り紙張って、急いで去ろうとしたら… 
手に持ってた缶コーヒー、フロントガラスからエンジンルームへ 
ぶちまけてしまいました。 

結論。私もDQNの仲間入り。 
【うちのマンションの駐車場通路に車停めたバカがいた。駐車禁止の張り紙でもしてやるかと、紙に書き殴って再度駐車場へ行くと、とんでもないことになってた!!】の続きを読む

inugoya_dog

72: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/28(水) 01:16:28.23 ID:XSGHfOBv
親戚の家に遊びに行った時のこと
そこはお爺さんお婆さん+息子夫婦とその娘達(孫娘)の二世帯住宅だった 
暫しお爺さんお婆さんと会話しているとその家で飼われている小型犬がやってきてお爺さんの膝に乗った 
お爺さんがその犬を撫でた瞬間、孫娘が「500円!」と叫んで小型犬をひっぺはがすように奪い取った 
【孫娘「じいちゃんとばあちゃんは汚物だから、飼ってる犬に触ったら500円の罰金とってる」】の続きを読む

このページのトップヘ