open-fire-3879031_960_720

617: 2003/10/11 00:49:00 ID:j5R34CMg
俺が知りあいのオバサンから聞いた話。冗談のようだが、ホントに 
あった話。 

そのオバサンが、たまに利用するサ店でのこと。マスターとも顔なじみ 
だ。その店に、10代の新人バイトをウエイターとしていれた。 
ただ、このバイト君は今までバイト経験がない。料理もしたことがない。 

1週間ほどたったある日、マスターが30分程出かけなければならない 
用事ができた。店を閉めようかとも思ったが、客もいるし、夕方3時を 
過ぎたからランチの客はこない。来てもコーヒーかケーキかそんなもん 
だろう。彼以外他に店員はいないが、30分くらいだ。彼にまかせて 
出かけることにした。 

注文はウインナーコーヒー。 
コーヒーは入れれるけど、ウインナーはやったことがない。でも確か 
コーヒーにクリームが入ってるのをみたぞ。ウインナーだから 
それにウインナー(お分りかと思うが肉のやつね)をいれて出すことに 
した。幸い客もウインナーコーヒーを知らなかったのか、それを黙って 
飲んで店を出ていった。
別のある日、前回と同じような状態となる。 
今度の客の注文はナポリタンスパゲッティ。 
困ったな。前回はコーヒーの入れ方知ってたから何とかなったが。 
問題は、ゆでたスパゲッティをどうやって赤くするかだ・・・ 
思いついたのがタバスコ。ゆでたスパゲッティをフライパンにいれ 
そこへ・・・ 

それを食べた客は当然・・・ 
客は皿を投げたらしいけど、マスターは平謝り。 

書いてる俺も信じられないけど、ホントにあったらしい・・・



618:   2003/10/11 01:03:00 ID:eM++3JrC
ちょっとほのぼの。 

本当のDQNはマスターか?



620:   2003/10/11 01:52:00 ID:dvZHvCCw
>>617 
そのおばさん、星新一の読者だったんじゃないか?



622:   2003/10/11 07:16:00 ID:v8/m6jKD
>>617 
ウインナーコーヒートークは吉幾三の18番だな



624:   2003/10/12 10:01:00 ID:a8W2Ov2w
>>618 
調理できない人間を置いて何処かへ行ってしまったマスターがDQN。 
そもそも、飲食店は食中毒のリスクだってあるんだから、ウェイター 
にその場を任せるような香具師は、無責任と言われて然るべきかと。



636: 2003/10/13 22:20:00 ID:HHTJqYly
ウインナー&ナポリタンネタ書いた者ですが、こんな冗談みたいな話 
信用したのは、もうひとつ別に理由があったわけです。 

味覚障害・・・・ w 
じつは、話を聞いたオバサンのダンナの話になるのですが 
このダンナは私もよく知ってて、ダンナ本人にも確認しました。 

この方は、某高校の社会の教師をしていて、学校が夏休みに入った 
ある日ダンナも休みだったわけです。 
オバサンはお出かけらしく、ダンナの昼メシ用に冷やし中華を 
テーブルにおいていったわけですな。当然生の状態でね。 
オバサン曰く、麺くらい1人でゆでられるだろうということで・・・ 

オバサンが帰ってきて、無事昼メシが食べられたかダンナに確認。 
ダンナ曰く、ちょっと酸っぱいラーメンで変ってたけど美味しかった。 

・・・・?? 
酸っぱいラーメン? どういうこと?? 

どうやって食べたのか聞いてみると、ごくごくフツーに温かい生ラーメン作る要領で、冷やし中華についているスープをどんぶりにいれ、 
そこへ熱湯&ゆであがった麺を入れて食べたということですな。 

つまり、これくらいは出来るだろうという常識みたいなものでも 
できない人にはできないわけで、そーいう常識みたいなものでも 
全く通用しないと・・・ 

そんなわけで、サ店話にしてもそーいうヤツもいるということですな。 
やはり、マスターのこれくらいという考えが甘かったわけですよ。



637: 2003/10/13 22:34:00 ID:HHTJqYly
>>636 
ついでに補足すれば、オバサンは冷やし中華は市販の袋入りの状態で 
きゅうりのみじん切りや、錦糸卵なども置いていったのですが 
それでも作る時に、ダンナは気がつかなかったと・・・ 
フツー気づけよ~~ 

ダンナ「いつものラーメンみたいな袋に入ってるから、別に不思議じゃ 
なかったし、薬味がちょっと変ってるかなとは思ったけど」 

そんなもんらしいです。 
本人には言わなかった(言えなかった)けど、なんかさー、この人に 
社会習ってる生徒が可愛そうに思えたよ。この時だけは・・・


引用元:https://www.2ch.sc/