elder-leaf-228256_960_720

948: 1/4 2007/06/02(土) 19:06:29 ID:PieT2sWm
2ヶ月前、俺には彼女がいた、付き合ったきっかけは大学1年の時相手から告られたから。 
その女は俺にかなり好意があるように見えた、週4、5回うちに来てたし、 
毎日メールが来て、週一回は一緒に出かけてた。 

付き合って2年目、急に家に来る回数、メール数、「どこ行く?」って聞いても 
「用事があるからごめんね」とか言うようになった。 
週3回、俺をベッドに誘ってくる女が、ピタリと誘ってこなくなった。 


さすがになんかあると思い、悩みに悩んだ結果、いないときに携帯を見た。 
が、メールボックスにはメールが1通もなかった、メールを送っては消すを繰り返してたのだろう。 
自分からは誘わない派なのだが、その時は別、2週間1回しか家に来なくなってたので呼び出した。 
▶泥ママが『盗んだロレックスを質屋で換金しようとしたら1万にもならなかった!偽物だ!』と自爆!→いや、本物なんだけどwww


風呂はいってる間に携帯を見たところ、俺のメール1通と謎の男のメールが3通入っていた。 
内容は「家に行っていい?」と言うものプライバシーのため言わないほうがいいのかもしれないが・・ 
そして俺は確信した。 
ショックの気持ちはなかった、むしろ謎を解いた感じですっきりした。 
もちろん俺はそいつを殴ることしか考えてない。 



949: 2/4 2007/06/02(土) 19:07:37 ID:PieT2sWm
男が元かのの家に行くのは三日後。 
ジムでのシャドーボクシングはもちろんその男を想定したものwww 
素人は後ろにしか下がれないので、ストレート系に弱い。
サンドバック打ちはストレートを重点的におこなった。 
スパーも結構やった、もし格闘技をやっていたら苦戦をしいられるからww。柔術は下になったとき返す復習などを軽く。 
どっちかって言うとムエタイジムの方が多く行ってた。 
決戦場は家なので、自宅でのシャドーも欠かせない、 
こうして俺は限られた時間で体を作り上げた(ちょっとオーバーだが・・w) 
いよいよ乗り込む時が来た。 寝ようとしてるときに、元かのは強い男が好きと言ってたことを思い出し、 
微妙なナーバスになったww 



950: 3/4 2007/06/02(土) 19:08:58 ID:PieT2sWm
生意気にもその日元かのが「家行っていい?」と言うメールが来た、もちろん断った。 
元かのはかなり性欲が強い、家に来る時はほとんどの確率で誘ってくるので、行くのは夜。 
9時半ごろか?彼女の家の前に着いた、中からは楽しそうな声がする。 
万が一中にいるのが家族だったら困るので、窓をちら見w  
幸い家族ではなかった。


鍵を開け、眉間にしわを寄せオーラを放ちながらイッツイン!w 


テーブルに二人は居た、元かのの手作り料理を食べている最中だった。 
男にガンをめっちゃとばしながら「フ~」というため息を放ち男の前のテーブルに座る。 
二人は驚いてなのか、しばらく固まっていた、 
そして元かのが怯えだした、が、男は俺にガンをつけてきた、俺は火がつき、 
コップの水を少し飲み、残った水を男の顔面にぶっかけた。 
それでもなお俺にガンを飛ばし続けてやがる。 
俺は元かのの自慢の手作り料理がずっしり並んだテーブルを力まかせにひっくり返した。 
俺は「俺の女だ・・」と低い声で言う、そして男が 
「違う、俺の女だ、俺の女に指一本触れた瞬間ぶん殴るぞ、おれが絶対に触らせやしねえ」と 
よくドラマとかでありそうな台詞をほざきだしたw。 


俺はそれを合図に俺は拳をときはなった。   



951: 4/4 2007/06/02(土) 19:10:07 ID:PieT2sWm
散らばった料理が邪魔だったが、お構い無しに殴りに行った、その瞬間男が立ち上がった。 
座ってたからわからなかったが、その男身長約185?くらいで腕からは血管がういてて、筋肉体質だった。 
でも格闘技やってた体じゃなかった。 
しかし俺の敵ではない、素人の性質後ろによけることを頭にいれ、大きく踏み込み左ストレート。 
仰け反っただけじゃ避けられず、見事命中、そして追加の右ストレートも命中。 
壁にぶつかり倒れた。 
そこにサッカーボールキック、それはガードされたがそのあとすばやくサイドポジションでパウンド。 
ガードの上から素手でお構い無しにパウンドしてたから拳を痛めた。 
だが泣き言を言ってられない、立ってフットスタンプを顔面に当てる。 

頭がフローリングに叩きつけられ、さすがにやばかったか?と思わせるぐらい 
「ゴン!!!」と言う音が響く。 
だが男の目は死んでない。サイドからボディ、ガードが下がったとこにパウンド、 
上下に揺さぶり確実に大ダメージを与えていく。 


元かのは泣いていた。  


ガードしていたうでの力がなくなって来たところに一発全体重を乗せたパウンドを一発はなち、やめた。 
男は元かのを見たまま、散々殴らせてくれたお礼にその女をプレゼントした。 



952: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 19:15:02 ID:fxoGDqwW
>>951 
最後の行が意味不明だし、全然武勇伝じゃないし、もうどこをどうしていいやら・・・・ 



953: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 19:15:20 ID:kiF9UAlk
自分がスーッとした話を書くのはチラ裏で 



954: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 19:15:20 ID:ZnsuIvha
はいワロスワロス 



955: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 19:24:22 ID:Zjvj9Wej
>>951 
寝取られた女の前で間男をボコボコにする妄想を書いてみました>< 
って事でおk? 



956: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 19:37:41 ID:4TfeFrgd
>>951 
廚二病ぽい 



957: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/02(土) 19:42:50 ID:35b/dequ
簡潔に纏めてみた。 

>>948 
2ヶ月前、 
殴ることしか考えてない。 

>>949 
男が 
ナーバスになったww 

>>950 
生意気にも 
拳をときはなった。 

>>951 
散らばった 
女をプレゼントした。 



どうみても犯罪だなw 
本当に(ry 

引用元:https://www.2ch.sc/