urami_man

368 : 本当にあった怖い名無し : 2009/09/27(日) 19:09:08 ID:Fd3EKBNA0
小学校の時に隣の席の気の弱い子がいた。 
 
いつも教科書とか隠されてて、俺が見せてあげてたり、消しゴム捨てられてて、消しゴム貸してあげたり。 
いじめが酷くなって、俺はその子が可哀そうになり、クラスの奴等に止めるように説得。 
結局は言い合いになり、喧嘩になり、一人が転んで鼻と前歯を折る怪我に発展。 
先生が介入して原因究明に入ったのだが・・・ 

先生「どうしてこんなことになったの!喧嘩の原因はなに!?」と激しく来た。 
そうすると気の弱い子にみんなの視線が集中。 
気の弱い子
「僕・・・虐められてます・・・」
号泣しながらやっとの訴え。 
先生「誰にやられてるの?」と少し優しく、子供目線で尋ねると・・・ 

気の弱い子「○○くん(俺の名前)です。」・・・・・ 



369 : 本当にあった怖い名無し : 2009/09/27(日) 19:18:04 ID:Fd3EKBNA0 [2回発言]
続き 

驚く俺・・・驚きながらも安堵の表情の主犯達・・・ 
当然、みとめない俺は校長先生の説教ってところまで怒られた。 
もちろん、すべてを知ってる周囲の人間も俺の誤解を解く為に先生に直訴。 
すると、俺と、俺を助けようとした奴等がいじめグループと判断。 
 
俺の復讐は始まった。 
虐めてた奴等には椅子にアロンアルファ攻撃&復讐宣言の手紙を送った。 
数日後、そいつらは謝ってきた。 
 
気の弱い子にも当然の復讐を。 
給食の時間に窓際にあったチューリップの球根を綺麗に剥いてシチューに混入。 
食べてしばらくした瞬間に大きな声で 
「先生、こいつ球根食ってます」
と一番苦手であろう注目を浴びせる。 
 
そしてその先生には、クラスの友達からの署名を集め、あのいじめは冤罪であったと校長先生と区役所に送った。 
先生、やめた。 
気の弱い子は俺の庇護をなくし、虐められる生活に戻る。 
 
俺は虐めない。でも助けない。 

そして大人になって、俺はリアル親方になり、虐めてた奴等の数人は俺の会社の社員となった。 
気の弱い子は中学でも虐められ、結局は不登校&引きこもり。 
今は噂ではホームレスになり、空き缶を集めてるらしい。 
俺の復讐は終わったのだろうか・・・ 


引用元:http://5ch.net/