鬼女まとめ伝説|生活2chまとめブログ

若い女性に大ヒット中!生活系2ちゃんねる(5ちゃんねる)まとめブログです。 暇つぶしにドウゾ。

切ない・泣ける

swimming-828795_960_720

173: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/05(水) 04:10:34.86
6年付き合ってた彼女から昨日ベッドでプロポーズされた。
凄く愛してるのに、仕事が忙しいを言い訳にして同棲もしなかった。
1ヶ月に2回くらいしか会わなくて、俺が寝てる横で起きるのを待ってるような彼女。「疲れてるから起こしたら悪いと思って。一緒の空間に居れるだけで幸せ」そう言ってた。
続きます。



【癌の彼女「最期に籍を入れて欲しい。貴方にお金をたくさん遺したいから」→俺はどうするべきなのか・・・】の続きを読む

christmas-balls-459394_960_720

678: ななしのいるせいかつ 2009/09/16 03:36:56
ちょとグダクダかもしれんが… 

大阪に住んでた時に静岡の実家に帰ってたんだけど当日はお祭り。 

連れていった犬が花火に驚いて首輪から抜け出して行方不明。 
一週間、寝る間も惜しんで探し続けるも見付からず大阪に帰宅。 

毎日泣きながら実家に電話して戻ってきてないか確認してたんだ。
2ヶ月くらいたったある日、小屋に真っ黒な野良犬が入ってたんで追い出そうとしたら飼ってた犬だった。 
驚きすぎて声も出なかったが涙は出っぱなし。よく、帰って来てくれた。 
足も口も尻尾もボロボロ…お腹もすいてるだろうにヨシの合図が無いとご飯食べずに尻尾を振る、老衰で死んでしまったが今でもお前の事を思い出すと涙が出る。 
最後まで側に居てくれて感謝してる、ありがとう。 
死後の世界があるならば真っ先に会いに行くからその時はまた一緒に散歩しような 

とりあえず静岡から大阪まで帰って来てくれた愛犬の話でした。
【【犬の感動話】死後の世界があるなら真っ先に会いに行くから、その時はまた一緒に散歩しような】の続きを読む

alley-4668809_960_720

319: 本当にあった怖い名無し 2009/07/29(水) 23:38:13 ID:Cl4TF2GGO
もう十年以上前、専門学校卒業して2~3年ほどフラフラして、そろそろ職探ししないと。とハロワに行ったら、 
とある給食委託会社(病院やら老人ホームやらの食事を作る会社)を紹介された。 
面接行ったら人手が足りなかったみたいで即採用。新しく出来た老人ホームに配属された。調理師として。 
資格は持ってるとは言えぺーぺーな自分。毎日ついていくのがやっとだった。
【【※殺人事件】老人ホームで働いていた調理師さん、『取り返しのつかないミス』をしてしまう…これ殺人じゃん…】の続きを読む

desk-1082044_960_720

168: 本当にあった怖い名無し 2007/07/08(日) 23:43:48 ID:PfMFs/0/0
206 :名無しさん@HOME :2007/07/07(土) 04:20:59 0
俺が小さい頃に出て行った母親がどうやら再婚してたみたい。
あっちの家族には秘密らしい、暇なんで養育費貰いに行こ~っとw
【母が再婚したと聞き、会いに行った。服を脱いで「アナタが出て行ったせいで、父親からこんなに可愛がられました」→すると母は・・・】の続きを読む

fireworks-2564305_960_720

260: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/10(水) 21:46:23 ID:zhrp3tkf
数年前に某携帯ショップで働いてた。 
その時はリーダーの30代のおばさんと私の二人のシフトで、若い男性が解約に来た。 
普通に手続き済ませて、お決まりで「宜しければ理由を教えて下さい」的な事を
最後に言うんだけど、まあ大体あやふやか、そう細々と話してくれる事は当然ない。
でも、その人はちょっと黙って、それからぽそっと「…もう、先が長くないんですよ」 
私らは一瞬意味がわからず反応出来なかったんだけど、お構いなしに、堰を切ったように話しだした。 
「もう手術しても遅い、全身に広がってる。薬とかで遅らせても苦しいだけ。 
だから何の処置もしない事に決めた。半年、或いはその半分ももたないけど。 
今日は携帯解約して、明日は部屋を引き払う。私物は全部処分して、ちょっとぶらぶらして、 
いよいよ動けなくなる前に、病院に行く」と途切れ途切れに話してくれた。 
抑揚もなく、訥々と話すのを聞いてる内に漸く事情が呑み込めた。 
【【切ない修羅場】若い男性が携帯の解約に来店→私「宜しければ理由を教えて下さい」→男「…もう、先が長くないんですよ」】の続きを読む

light-bulb-1713743_960_720

13: 可愛い奥様 2011/06/17(金) 09:45:55.80 ID:ppqh7FDo0
休みの日に夫と2人でオープンテラス風のカフェでランチしていた。 
そろそろ出ようかなって頃に、どこからとも無く現れた女の子。 
バスケットを下げて各テーブルを回りだした。 
私達のテーブルにもやってきてバスケットの中身を指差しながら、 
「○○動物愛護センターのボランティアです。1つ300円で買って下さい」 
と淡々と言う。
大粒のプラスティックのビーズを5~6個つなげてリングに通しただけの 
手作りキーホルダー(?)だったんだけど、自分も動物関係でボランティア 
している身なので「うん、ひとつ下さいな。」と言いながら夫を見た。 
夫は財布も見ずに「今小銭ないから」と無碍に断るようなことを言う。 
「?」と思いつつ、しょうがないから自分の財布をチェック。 
ぴったり無いので500円玉を差し出したら、その子にこりともせずに 
「 お 釣 り い る の ?」  
驚きつつ「いるよー」と答えると、 
「細かいの無いんだけど、じゃあ100円だけでいい?」と 
本当に100円だけテーブルに置いて、また別のテーブルに向かった。 
なんか腑に落ちない...10歳くらいの子供なのに何このずうずうしさ。 
【【衝撃】『刑事の夫』とカフェで食事をしていたら、とんでもない奴が入ってきてこうなった!!!】の続きを読む

abandoned-places-5263784_1920

888: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 13:00:49.03 ID:xl6isYga0.net
世界ウルルン滞在記というタレントが一週間海外にホームステイする番組での出来事。
男性タレントがブラジルの鷹匠に弟子入りする話なんだけど今でも思い出すたび後味悪い。

タレントが師匠から
「まだ子供の鷹がいるから、この子の世話をしてあげて」
と言われて、おっかなびっくり餌をやったり飛行訓練をさせてやったりしているうちに
すっかり鷹も懐いてタレントといちゃいちゃするまでになったんだけど
いかんせん一週間しか滞在できない番組なのであっという間に日本に帰る日がやってくる。
これでバイバイだよ、と手を振って鷹と別れようとしたけど
まだ上手に飛べないはずの鷹が必死に飛んでタレントについてきちゃう。
何度元の場所に戻してもダメで、最後は師匠に鷹を押さえてもらったんだったかな?
とにかく無理やり引き離すように帰って来てた。
【【残酷】「世界ウルルン滞在記」という番組で非常に後味が悪かった回。あれは企画段階で失敗だったと思う。】の続きを読む

depression-2912424_1280

538: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 22:03:04.08 ID:l7OdagXd.net
東日本大震災があって炊き出しに行った際
、避難所で色々やってたら「俺だって家族が見つからないんだよ!!」って叫び声が聴こえて、何事かと近付いたら若い自衛隊員が泣き崩れてた。
「こんな所には居たくない。探しに行きたい」とか「こっちだって辛いんだよ」と言って、しゃがみこんで号泣してた。
他の隊員が「やめろ!何を言うとるんだ!しっかりしろ!」って怒鳴って立ち上がらせても泣いて泣いて止まらず、結局外に連れ出された。
【震災時、自衛隊員「俺だって家族が見つからないんだよ!(号泣)」被災者「・・・」他の隊員「やめろ!何言うとるんだ!」】の続きを読む

luggage-1482697_960_720

231: おさかなくわえた名無しさん 04/03/15 12:53 ID:WQCc4SqC
自分も似たような経験がある。
小学校5年の時拾ってきた猫を親に『飼っても良い?』と頼んだが『ダメ』と言われ
仕方なく近くの社宅の空家で友達と一緒に飼う事に。
最初はみんな可愛がって日にち事に当番を決めていた。
しかし、日が経つにつれ、いつしか世話は自分一人が全部やっていた。
ある日猫に牛乳を飲ましている時に、ふと背後に視線を感じた。
母さんが居た。自分の跡ついてきたのだと。
慌てて猫を隠す自分に母さんは
『そんなに飼いたいならちゃんと面倒を見るのよ』と一言。
次の瞬間猫の入ったダンボール箱を家まで連れて帰ってきた。
嬉しくって涙が出た。本当に良かったと。



【母が猫を飼う事を許してくれた!翌日、俺「あれ?猫は?」母「保健所」→号泣して母にずっと冷たく当たっていたら・・・】の続きを読む

cloud-740382_960_720

142: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/02(火) 01:50:50 ID:O7kcUMZc
3年前に癌と宣告された妹が先日逝った 

抗がん剤とかたくさん飲んでたけど見舞いに来た親の前では一度も弱音吐かずに笑ってた 
でも、親が病院から出たら一人で病室で泣いていたっぽい 

髪の毛抜けたりとか、全身冷や汗かいてたりとか 
いつも血色悪かったけどみんなの前では一番明るく振舞ってた
年下の子が好きで、外に出ては、子供と遊んだりするようなかわいい妹だったよ 
まあ、その子供たちも入院していたんだが、病気自体は軽く、妹より先に退院することが多かった 
そういった子供たちが妹に退院の挨拶することが多かったんだけども、決まって言ってたよ 
【ガンで3年間の闘病生活を送っていた妹が先日亡くなった】の続きを読む

このページのトップヘ